ミニマリストにおすすめのベッド!ベストな寝具を選ぶコツ!

最小限の持ち物で生活するミニマリストにとって、

睡眠時に使うベッドの有無は非常に大きな選択です。

とくに一人暮らしなどで、限られた空間で生活している方にとっては特に重大な問題です。

スポンサードリンク



睡眠の質を重視するなら、据え置き型がベストだと思いますが、場所をとってしまいます。

ミニマリストにとって最適なベッドを探っていきましょう。

1.ミニマリストとは?

ミニマリストとは、最小限主義者のことです。

自分にとって必要なモノだけを持ち、不要なモノは徹底して手放して生活をしますので、

中には「部屋には、ソファーとテーブルしかない」玄人レベルのミニマリストもいます。

大切なのは、自分にとって必要なものだけを持つ事です。

「もったいない」「まだ使える」など、持ち物主体の考え方は切り離す必要があります。

持ち物には感情が込められていますので、不要なモノが増えすぎると雑念やノイズになり、

パフォーマンスが低下する可能性があります。

自分らしい生活スタイルにするためにも、持ち物をミニマム化することは重要なんですね。

2.ミニマリストにオススメするベッドの種類

ベッドを使わない時(起きている時)に、お部屋での生活パフォーマンスが高くなることを意識しましょう。

個人の生活スタイルに合わせて選択しましょう!

2-1.据え置き型ベッド

最高の睡眠を手に入れることができる!という据え置き型のベッドにもメリットがあります。

マットレスなど、フローリングに直置きするタイプの敷き布団では、地の硬さが伝わって腰が痛くなる可能性がありますので、

また、出し入れする必要はないので、時間効率も良いです。

2-2.折りたたみベッド

折りたたんで収納できるベッドは、寝る時だけ部屋の中に出して使うことができます。

日中使わない時のお部屋空間を、有効に使う事ができます。

しかし、出し入れを考えると敷布団(マットレス)は薄手になってしまうので、

快眠できない可能性があります。

睡眠の質を求めない場合はオススメです^^

2-3.敷き布団(マットレス)+掛け布団

敷き布団(マットレス)に、掛け布団を組み合わせて使う方法です。

折りたたみベッドと違い、骨組み(フレーム)がないので、押入れの中への出し入れを重視する場合にオススメです^^

2-4.「マットレス」+「寝袋」

エアリーマットレスなどのマットレスや、敷き布団との組み合わせで、寝袋を使う方法があります。

常に避難モードで居られる、ハイパーミニマリストにオススメの就寝方法ですね^^

寝袋は車の中でも使えますすので、便利ですが、、

良質な睡眠がえられるかどうかは、人によって変わると思います。

床が変わっても全く気にし無い人には向いていると思います^^

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

ミニマリストにおすすめのベッドについて、ご紹介させていただきました。

自分のライフスタイルに合っていて、且つ価値観も同じか、優先順位も適当か?など、

身の丈にあったミニマム生活を大切にしましょう!

 

整理整頓を通して、有意義な時間が過ごせますように^^

 

こちらの記事もおすすめです!

 【デスク周りの整理整頓グッズ】オフィスワークに欠かせないこだわり9アイテム!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら、下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)

インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ