【女性ミニマリストのワードローブ】無駄な服を排除する管理術!

女性ミニマリストのワードローブは、最小限の衣服がきっちり管理されています。

スポンサードリンク



どんなポイントに気をつければ良いのでしょうか?

女性ミニマリストのエッセンスをお教えしますので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

1.ミニマリストとは?

ミニマリストとは、最小限主義者のことです。

たくさんの物に囲まれても、幸せを感じることができない人は少なくありません。

服を含めた、所有している物には「感情」が込められているので、

自分が管理できる以上の物に囲まれると、ノイズや雑念の原因になります。

服の場合は、事実として着ていないのに、

「もったいない」

「まだ着られる」

「高かった」

などの理由で所有を続けていると、問題を引き起こす場合があります。

ミニマリストの基本的な考え方である『不要な物=無駄な物』を排除することで、

事実として着ている服を、より大切に扱うことができます。

そのためには、

「必要な物」、「不要な物」をしっかり判断することが不可欠です。

スポンサードリンク



2.女性ミニマリストのワードローブの特徴

ポイントとしては、感情で服を買ったり、不要な服を持ち続けないことがコツです。

まずは、「整理」不要な服を手放すことからはじめてみましょう。

整理する時は、

①不要な服がワードローブに入れない

②不要な服をワードローブから排除する

この2つを徹底しましょう。

 

一時的なストレス発散で衝動買いをしたり、着ない服を受け取ることをやめて、

必要な服を必要な枚数だけ入手するようにしましょう。

そのためには、まず何着服が必要なのか具体的に決めることが重要です。

目安としては服を7日分(1週間分)コーディネートして、しっかりローテーションして着ましょう。

 

また、ワードローブの服で、着ていない服を排除しましょう。

例えば、「1年間着ていない」服をワードローブから取り出しましょう。

整理整頓になれていない方は「もったいない」という感情によって、手放すチャンスを逃してしまう可能性がありますので、

感情ではなく、事実で判断する癖をつけましょう。

3.服をミニマム化するコツ

「必要な服かどうか?」が、分からない時、判断できない時は、ダンボール箱を使って判断しましょう。

服を全てダンボール箱の中に入れて、箱の中の「服を着る時に取り出す」ルールで生活をします。

後で着るから、、という理由で着ないのに取り出すのはルール違反とします。

この生活を続けることで、着ていない服が明確になります。

シーズン毎にこの生活をしてみると、必要なだけが身の回りにある状態を作ることができます。

 

また、着る服は大切に扱いましょう。

1万円の服を10回着ると、1回あたり1000円。

2万円の服を20回着られれば、1回あたりは1000円ですが、

着ている服は2倍の価値があるので、セルフイメージアップにも繋がります^^

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

女性ミニマリストのエッセンスを取り入れて、

無駄のないワードローブにしましょう。

 

整理整頓を通して、有意義な時間を過ごせますようにヽ(=´▽`=)ノ

 

こちらの記事もおすすめです!

【デスク周りの整理整頓グッズ】オフィスワークに欠かせないこだわり9アイテム!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら、下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)


インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ