覚えておくと便利!女性ミニマリストの服の所有に関する考え方、5つの基本! 

最低限のモノしか持たないミニマリストだけれど、それと同時にオシャレにコーディネートもしたい。

スポンサードリンク



そんな女性ミニマリストが使ってる、所有する服の選び方、裏技についてまとめてみました。

1.ミニマリストとは?

ミニマリストとは、最小限主義者のことです。

もの一つ一つには、感情が込められているので、

使わないのに所有しているものは少なくありません。

例えば、数年間着ていない服も「高かったから・・」「まだ着られるから・・」

という理由で手放せない方もいらっしゃいます。

ミニマリストは、感情でものを所有することを手放し、

「自分にとって(理想の自分にとって)必要か?」にフォーカスしてモノを厳選して持ちます。

中には、部屋にソファーとテーブルだけ、というヘビーミニマリストもいますが、

モノが少ない。。ということが本質ではありません。

「自分にとって必要なモノが最小限ある」ことによって、

頭の中に雑念・ノイズが少ない状態になることが重要です。

感情に支配されないので、日々の生活にストイックさが生まれるでしょう。

スポンサードリンク



2.女性ミニマリスト達の、服の所有に対する考え方の5つ基本

女性にとって、オシャレは切り離せないもの。

「衣服」は、生活において非常に大切なものです。

しかし、感情にまかせて所有してしまうとモノ(感情)に支配されてしまいます。

本来の自分に戻ることに繋がるでしょう。

ミニマリストになるための基本的な考え方のポイントを5つお教えします。

2-1.最低限必要な服だけを持つ(収納スペースを基準に考えない)

最低限必要なモノを持つことが重要です。

必要以上のモノ(使わないモノ)があるということは、

「不要なのに持っておきたい」という感情が働いている証拠です。

様々な感情があるでしょう、、

・「高かったから」

・「まだ着れる」

・「いつか着る」

などです。

また、収納スペースの大きさにあわせて服を所有することも違います。

収納スペースの容量ではなく、自分にとって適当な服を、必要な量持つことにフォーカスしましょう。

基準となるのは「自分」です。

「着ていない服」や「収納スペース」ではありません。

主語が常に「私」になるように考えましょう^^

2-2.計画的に服を購入することで衝動買いをしない

服は常に計画的に購入します。

いつ、どのタイミングで、どんな服を着るのか、あらかじめ決めておきます。

これ以上でも、これ以下でもありません。

感情に流されて、衝動的に買い物をしないようにしましょう。

3-3.服を大切にして、長く着る心がけ

服は大切に、長く着ましょう。

服の寿命を長くする、価値を維持するのは

服の所有者次第です。

1万円の服を、10回着るのか、それとも20回着るのか。

これによって1回着るあたりの単価が変わってきます。

定期的なメンテナンスを心がけて、着たい服を長く着ましょう。

3-4.コーディネートしやすい服を選ぶ

普段着る服は、コーディネートしやすいモノをセレクトしましょう。

上下の組み合わせがしやすいものを選びましょう。

ただ、おしゃれな人って、今までに着てきた服の数が圧倒的に多いので、

コーディネートが非常にうまいです。

試着も含めて、数多く着ること、本などで組み合わせを知ること。

シンプルに着るために、必要なエッセンスでしょうね。

服自体に興味を持つことが、近道かもしれませんね。

3-5.トレンドでなく、自分が好きな服だけ着る

トレンドの服を着ることはおしゃれなのでしょうか?

様々な考え方があるとおもいますので、いち主観になりますが、

メディアで取り上げられるオシャレ情報は、アパレルメーカーによって

操作されている可能性があります。

アパレルメーカーは売り上げが作れないと困るので、

毎年新しいトレンドを提案してきます。

流行に乗ることも大切なのですが、

自分が好きな服を、着ることを心がけましょう。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

に特化して、女性ミニマリストになるための基本的な考え方をご紹介させていただきました。

本来の自分らしい生き方に戻るためにも、ミニマリストのエッセンスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

整理整頓を通して、有意義な時間が過ごせますように^^

 

こちらの記事もおすすめです!

【デスク周りの整理整頓グッズ】オフィスワークに欠かせないこだわり9アイテム!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら

下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)

インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ