自炊の本・書籍はデータ化!ミニマリストの情報管理のコツ!

自炊をする方にとって欠かすことができない、お料理の本・書籍。

時間の経過と共に、どんどん溜まっていきます。

スポンサードリンク



そんな、書籍が際限なく溜まってきてしまっている人、

本棚がいっぱいになっちゃっている人向けにオススメの、本・書籍のデータ化についてご紹介させていただきます。

1.ミニマリストとは?

ミニマリストとは、最小限主義者のことです。

たくさんの物に囲まれても、幸せを感じることができない人は少なくありません。

所有している物には「感情」が込められているので、

自分が管理できる以上の物に囲まれると、ノイズや雑念の原因になります。

本・書籍の場合は、事実として使っていない、観ていないのに、

「もったいない」

「まだ使う」

「高かった」

などの理由で所有を続けていると、ノイズ・雑念の原因となる場合があります。

ミニマリストの基本的な考え方である『不要な物=無駄な物』を排除することで、

事実として使っている本・書籍を、より大切に扱うことができます。

そのためには、

「必要な物」、「不要な物」をしっかり判断することが不可欠です。

2.料理に欠かせない本・書籍はデータで管理!

自炊で使うは、一度観ただけで全てを記憶するのは不可能です。

しかし、全ての本・書籍を紙媒体で所有するのも、かななり辛い。

しかも、捨てるのは勿体ない。

 

そんなワガママを叶えてくれるのが、ブックスキャンです。

「ブックスキャン」は、書籍専門に全ページをスキャンして、データで納品してくれます。

元の本・書籍は裁断してしまうので、戻ってきませんが、

体積ゼロで、劣化しないデータに変換できるメリットは非常に大きいですね。

もし、スキャナがある方は、ご自分でやってみてもOKです^^

スポンサードリンク



3.本のスキャン・データ納品している業者さん

スキャンしてデータ納品してくれる業者さんは何社かあります。

 

3-1.ブックスキャンさん

最も有名なのが「BOOKSCAN(ブックスキャン)」さんです。

早くから、書籍のスキャン〜データ納品に取り組んでいたので、業界で最も有名。

基本料金無料で、1冊100円から請けてもらえます。

OCR(透明テキスト)化すると、画像ではなく文字として認識できるので、

本の中から大事なポイントだけを「検索」することも可能です。

また、1回で2万札まで受注可能なのがすごい!ダンボール何個分でしょうね^^
出典:ブックスキャンさま

3-2.スキャンサポート仙台さん

スキャンサポート仙台さんは、私もよく利用する業者さんです。

メリットは、800ページまで同じ料金で対応してくれる点です。

先にご紹介したブックスキャンさんは、350ページまでが100円ですが、200ページ超える度に1冊計算となります。

例えば、350ページまでは1冊、550ページで2冊、750ページで3冊という計算です。

スキャンサポート仙台さんは、一般書籍は800ページまで165円なので、厚手の書籍は格安です。「料金表」

出典:スキャンサポート仙台さま

3-3.そのままSCANさま

書籍を裁断せずに電子書籍化するサービスも登場しました。

(私はサービスを利用したことはありません)

基本料金1000円+1ページあたり33円とお高めですが、

書籍を破壊せずにデータも欲しい!というお手間を解決してくれます。「料金表

仮に200ページの書籍だった場合、1000+33×200=7,600円(税別)。

また、1回あたりの最低発注金額が1万円になるので、仮にこのケースの場合は1万円(税別)の換算になります。

あなたの時給と、お手間と、実現したい欲と、色々兼ねて考えてみましょう。

出典:そのままSCANさま

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

自炊の本・書籍をミニマム化するコツをご紹介させていただきました。

もし、データ化を試したことが無い方は、まず1冊から。

新しい技術を好き嫌いなく試して、ミニマリストを目指してみてはいかがでしょうか。

 

整理整頓を通して、有意義な時間が過ごせますように^^

 

こちらの記事もおすすめです!

 【デスク周りの整理整頓グッズ】オフィスワークに欠かせないこだわり9アイテム!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら、下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)

インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ