【ラベルシールの活用術!整理整頓の効率を上げるコツ!】

身の周りの片付けで「ラベルシール」を使うと、より質の高い整理整頓ができます。

整理整頓を習慣にするためにも、ラベルシールをうまく使うとサポートしてくれます。

スポンサードリンク



ご家庭、学校、オフィス、工場内、お店、など、ラベルシールは様々なシーンで活躍します。

ラベルシールを使った時のメリットと効果をご紹介させていただきます。

身の周りで活用できそうなら是非実践してみてはいかがでしょうか。

1.家庭内でラベルシールを活用しよう

528df3118fb6b425a3bccca3fb1d7c95_s

1台あると、あらゆる場所で使えるラベルシール。

ラベルシールを作成するテプラのメーカーはキングジムさんが有名ですね。テプラという商品です。

自宅にも1台あるので、活用しまくっています^^

t

出典:キングジムさん

このラベルシールをご家庭内で活用する方法についてご紹介させていただきます。

1-1.キッチンでのラベル活用

7

出典:CAFYさん

タッパーなどの保存容器、調味料の容器、ジャム瓶などに貼る場合。

容器が同じデザイン(似たデザイン)で、それを複数同時に使用する場合、ラベルがあると中身を区別する時に便利です。

ラベルのデザインや、色を変えるとより便利です。今では、ラベルの素材も様々なので、容器の色やデザインによってセレクトすると楽しめますね^^

↑の写真のような、手書き風のラベルも可愛いですよね。

1-2.書類の保管ファイルでのラベル活用

8

出典:書庫のある家@i-cubeさん

書類保管用のファイルにラベルを貼る事で、必要な書類を取り出すまでの手間をなくす効果が見込めます。

「このファイルには、何の書類が入っているか分からない」という状況だと、書類を収納する時も、取り出すときにも、時間がかかってしまいます。本棚に入れた時にもわかりやすいように、背表紙に貼るとGOOD!

ファイルの中に複数のジャンルの書類が混同している場合は、インデックスがあると検索が楽になりますよね^^

1-3.衣類の引出しでのラベル活用

9

出典:RoomClipさん

ご家庭内での衣類の整理整頓で、引き出し毎に中身を分けて保管している場合は、ラベルを貼ると便利です。

出し入れする時に探す手間が省けますし、洗濯をして収納する時にも役に立ちます。

スポンサードリンク



2.オフィスシーンでラベルシールを活用しよう

オフィス仕事でも、ラベルシールが活躍します^^

探し物をするなどの時間のムダを無くし、効率を上げる効果が見込めます。

使えそうなネタは、応用して実践してみてくださいね。

2-1.共有したファイルのラベル活用

3

出典:得にゅ〜さん

オフィスシーンなら定番の「ハードファイル」での書類保管。

1つのファイルを複数の人で共有・管理する場合も少なくないと思います。

背表紙には、どんな書類が保管されているのか、スタッフの誰が見ても解釈に相違がない名称のラベルを付けましょう!

2-2.保管用の引出しや棚でのラベル活用

4

出典:くらしのはこさん

個人のデスクの引き出し、書類保管用の棚でも、引き出し毎にジャンル分けしている場合はラベルシールが活躍します。

もし本人が不在の時でも、代理の人が必要な書類を探し出せるようにラベリングすることは大切です。

仕事をする時のムダを無くし「効率アップ」することを意識しましょう!

2-3.保管箱・保管用の棚でのラベル活用

5

出典:アスクルさん

保管スペースでもラベルシールが活躍します。

文書保存用のダンボール箱には、「中身」の他に、「管理者の 名前」、「保管開始した日」を必要に応じて記載しましょう。

何か中身を追加したり、取り出した場合に、更新日と更新した事を書き入れるのも有効かと思います。

保管用の棚にシールを貼るのも、見える化で置き場所を共有できるので有効ですね。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

整理整頓をする時にラベルシールを活用することで、日々の生活やビジネスシーンで時間の無駄をなくす事につながります。

整理整頓自体の精度も上がるので、良い習慣を身につけることができます。

 

整理整頓を通してみなさんが有意義な時間を過ごせますように^^

 

 

こちらの記事もおすすめです!

整理整頓で仕事の効率が上がるコツ!会社で仕事ができる人のデスク周りを見習おう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)


インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ