【ワードローブの整理整頓】衣類のかんたんメンテナンス!

あなたのワードローブは、どんなコンセプトでまとめていますか?

最新ファッションに敏感な方は、トレンドに合わせてワードローブを変化させる必要があると思います。

つまり、時間の経過と共に廃れる可能性があるので、定期的な衣類の整理整頓が必要になります。

スポンサードリンク



今回は、ワードローブの整理整頓のサイクルと、整理整頓の方法についてまとめてみました。

整理整頓をする際に、ご参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.【ワードローブの整理整頓】衣類のサイクルを意識

c1e2a89562a134a443e5e72cdc2b7e54_s

ワードローブとは、衣装ダンスから派生した言葉で、ファッション業界では、その人が持つ手持ちの衣装全体を差す言葉として使われます。

家具・インテリア用品では「ワードローブ」という衣装用のラックも販売されています。

 

繰り返しになりますが、あなたのワードローブはどんなコンセプトでまとめていますか?

 

ファッション業界では「トレンド」があります。

「消費」が発生しないと、ファッション業界が困ってしまうという理由もありますが、毎年トレンドやファッションカラーも変化します。

新しいトレンドに乗り、ファッションの最前線に居たい「流行」ファッションに敏感すぎると、以前の流行と全く変わってしまった時に、ワードローブ全体を丸ごと入れ替える、、位の変化になってしまう可能性もありますよね。

これって、考えただけでもお金がかかりますが、追いかけたい気持ちもわからなくはないので、出費とのバランスが大切だと思います。

どんなワードローブが理想なのでしょうか?

1-1.流行の影響によるワードローブの変化について

毎年・毎シーズン流行が変わるので、流行を追いかけると衣類を購入するまでのサイクルが短くなります。

結果的に、最新を追いかけると、ファッションに掛ける費用は高くなります(良い悪いではありませんよ^^;)

また、本質的に、トレンドを追いかけるのはオシャレなのか?疑問ではありませんか?

トレンドは、誰が発信しているのか?

トレンドは、何の目的で発信しているのか?

1-2.衣類の購入コンセプト

ワードローブのコンセプトが決まると、揃える服の種類が決まり、同時に出費も変化していくものだと思います。

(好みの問題なので、これも良い悪いを言うつもりはありませんので^^;)

例えば、

■常に最新ファッションを追いかける。

衣服にかける費用は気にせず、常に最新ファッションを追いかけるのも悪い事ではありませんよ。

トレンド最前線に居る優越感が得られます。

■着回しできる流行の影響を受けにくい服と、トレンドアイテムをバランスよく買う方法があります。

例として、着回しできる衣類は費用高め、流行ものは安く!などと、出費のバランスを考えて購入することもできます。

■流行を気にせず、好きな衣類だけ買う。

今の流行を全く気にせずに、自分が好きな服だけ買う方法です。

また、どんな時代でも着回しのイメージが膨らむアイテムだけ揃えるという方法もあります。

スポンサードリンク



2.ワードローブの整理整頓術

新しい自身のワードローブの整理整頓をしてみましょう。

2-1.「ワードローブの整理」衣類を分類をしましょう

衣類の整理整頓も、他のジャンルの整理整頓も基本ルールは一緒です。

感情ではなく、事実で整理整頓するのがコツです。

はじめに「着ている」「着てない(1年or1シーズン)」で分類します。

「着ている」グループはそのまま残します。

2-2.「着てない」服は適宜処理しましょう

「着てない」グループはさらに「処分する」「処分するか迷う」の2グループに分けます。

「処分する」は、古着として捨てるか、買いとってもらうルートに向かいます(または、ヤフオクで売る)。

2-3.「迷う」衣類は、別で保管しましょう

「処分するか迷う」は、まとめてダンボール箱に入れるなどして、日常着る服とは分けて保管します。

別けた日付を書いておけば、最後に整理整頓した日付がわかるので、次回選定する時に参考にしましょう。

最初は面倒かもしれませんが、慣れると日常になりますよ^^

3.アパレルブランドの買取業社さんへ依頼してみる

もし、ブランドモノの古着があれば、買取依頼をしてみてはいかがでしょうか?

フクロウさんは、買取実績も豊富なので、

ブランド品の衣服をただで処分してしまうなら、

少しでも現金に替えられたらラッキーですよね^^

WEBから宅配買取の依頼ができますので、是非お申し込みしてみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。

ワードローブは、流行を追いかけるか、いつの時代でも自分の好きなものを追いかけるか、などの好き好みによってサイクルが変わります。

持っている衣類の属性も変わると思います。同時に整理整頓の方法も変わります。

今一度、ワードローブと出費のバランスを見直してみてはいかがでしょうか。

 

整理整頓を通して、有意義な時間を過ごせますように^^)

 

こちらの記事もおすすめです!

整理整頓で仕事の効率が上がるコツ!会社で仕事ができる人のデスク周りを見習おう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)


インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ