【整理整頓と学力との関係】整理整頓をすることの本質とは?

整理整頓をすると、身の回りが綺麗に片付き、無駄がなくなります。

結果的に、効率が上がり、実績も上がる、、というイメージは誰もが持っていると思います。

片付けの得意・不得意が、学力にどの程度影響を与えるのでしょうか?

スポンサードリンク



固体差がある人間なので、定量的な判断、相対的な判断も難しいですね、、。

整理整頓が与える影響を、事実と、私なりの考えをまとめさせていただきました。

1.整理整頓と学力との関係

1c6fb288f09c2852c5c4822091c0e4d5_s

整理整頓をするか・しないかが、学力に与える影響についてまとめてみました。

 

はじめに、「学力」という単語について調べました。

広辞苑で調べてみると「学問の力量。学習によって得られた能力。学業成績によって表される能力。」

今までに学んできた学問の力量を定量的に表すもの、なんですね。

 

今現在どの程度の学問の能力があるか?を、数値などで相対的に判断できるようにしたものという事は、学問の分野ごとの知識量が、数値的に判断できます。

(これは、管理する側にもメリットが大きいように思います)

 

学力を向上する時、周囲の環境の影響を受けるのが普通です。

同じ場所でも、お部屋作りや、モノの整理整頓で調整することができます。

整理整頓は学力にどのような影響を与えるのでしょうか?

良い効果が見込めるなら、取り入れたいですよね。

1-1.「整理整頓」は、本来の力を発揮する為のツール

整理整頓は、本来の能力を発揮するためのツールとして使うことができます。

学力向上に大切な3つの要素があります。

1.覚えるスピード

2.集中力(=集中できる時間)

3.記憶力

それぞれの生まれ持った力は、努力によって向上すると思いますが、なかなか変えられない要素だと思います。

それよりも、元のチカラを100%発揮する方が簡単ではないかと思います。

 

個人が本来持っている能力をそのまま発揮できるかどうか?は、環境の影響を受けます。

効率の良い環境にする事で、

・集中力の向上する

・記憶力アップ(記憶の定着)

・時間の使い方が上手になる

このような効果は簡単に得られます。

良い環境作りの為に、今すぐにできることは「整理整頓」です。

1-2.整理整頓でノイズを消す!効率と集中力アップ

私の周りで成功している人は「1つの事に超集中している人」です。

あれもこれもと、「時間」と「集中力」を分散させてしまうと、無駄に脳パワーを消費してしまいます。

成果も分散します。

 

成果を集中させるには、余計なモノ、集中力を妨げるノイズになるものは排除してしまいましょう。

つまり「整理(=不要なモノを取り除く)」整理です。

 

使わないモノを机に置いていませんか?

テレビを観たり、スマホ操作を挟みながら勉強していませんか?

何が不要か明確にして取り除きましょう。

または、集中できる場所を確保しましょう。

スポンサードリンク



2.学力向上に繋がる整理整頓の3つのルール

学力向上のために、今すぐ取り組めることがありますのでご紹介させていただきます。

2-1.学力向上する場所・環境を整える

勉強する場所・環境だけは、集中できるように整理整頓しましょう。

集中できる環境作りには、

・不要なモノを排除する=「整理」

・今使うモノ以外は収納する=「整頓」

このシンプルな基本を守るだけでも、身の周りの環境が整います。

もし、捨てるかどうか迷うものがあれば、身の周りには置かずに、別の場所に収納して視界に入らないようにするのもコツの1つです。

今必要なモノをピックアップして、他のモノは全て机の上から取り除いてしまいましょう。

2-2.整理整頓がシンプルにできる環境作り

継続して整理整頓をする為に、片付け自体はシンプルにできるようにしましょう。

収納する時に、どこに置くか迷う、、ではNG。

人間、嫌な事は本能的にやりません。片づけが嫌いになっちゃいます。

全てのモノの置き場所を決めて、出したら元に戻すだけするのが理想ではないでしょうか。

学力を向上させるときに、迷い、感情、のような難解なロジックは不要ですから。

2-3.小さな整理整頓からはじめよう

環境を整える為に、長時間整理整頓するのはあまりお勧めしません。

整理整頓は、「捨てる・捨てない」とか「どこに置くか」など、判断をする事があるので基本的に疲弊します。

片付けが好きな人ならいいのですが、嫌いな人が数時間やると嫌な思い出になる可能性が高いです。「もうやりたくない」と思うのが必然だと思いませんか。

それよりも、1日1~2分の整理整頓を継続する方が価値があると思います。

僅かな整理整頓からでもOKです。

・保管してた書類を1枚捨てる

・書類をスキャンしてデータ化する

・棚の本を綺麗に並べる

1日1分も、1年365日積もれば約6時間になります。しかも、常に掃除をしているので大掃除をしなくて済みます^^

学力向上も、整理整頓も積み重ねが大切です。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。

整理整頓は直接的な学力向上に作用するものではなく、本来のあなたのチカラを発揮する為の必須ツールです。

しかも、特別な事をする必要はありません。

・モノの置き場所を決める。

・不要なモノは捨てる。

・短い時間でも整理整頓を継続する

今すぐ、簡単な事から始められますよ^^

 

整理整頓を通して、有意義な時間が送れますようにヽ(=´▽`=)ノ

 

こちらの記事もおすすめです!

整理整頓で仕事の効率が上がるコツ!会社で仕事ができる人のデスク周りを見習おう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)


インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ