【整理整頓が苦手な人は、脳のパワーを無駄遣いしている?!】

なたのご自宅のお部屋は、どのような状態でしょうか?

実は、整理整頓が行き届いていないと、のパワーを無駄遣いしている可能性があることをご存知でしょうか?

スポンサードリンク



整理整頓が疎かになると、有限な脳パワーを無駄に消費するため、大事な選択をする時に精度が落ちるなどのデメリットがあります。

これは毎日のことなので、片づけが苦手な人も是非改善したいポイントですよね^^

今回は整理整頓を使った脳のパワーを無駄遣しない方法についてご紹介させていただきます。

1.整理整頓が脳のパワー消費を左右する

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

理整頓をしないと「見栄えが綺麗かどうか」という点以外で、いったいどんな問題が起こるのでしょうか。

脳のパワーを効率よく使うために、問題が潜んでいるのか確認してみましょう。

1-1.「気にしない!」という指令が集中力を妨げる

事のデスク周りを例に挙げます。

机の上が散らかっている状態で何が作業をすると、脳は「散らかっているけれど、気にしない!」 という指令を出します。

「仕事での消費」と「気にしない消費」のダブルでパワーを消費します。

これにより消費が大きくなり、集中力の時速時間が短くなり、結果的に良い成果が出ない可能性があります。

見ていないようで見ている、聞いてないようで聞いている、これは深層意識の問題なので防ぐには身の回りを綺麗にする必要があります。

1-2.限られた選択回数を無駄に消費する

ップルの創始者のスティーブジョブスは、着ているものが毎日同じです。

これは、ムダな決断をすることを減らす目的があります(服自体に興味がないのかもしれませんけど、、。)

人間は、1日で選択できる回数が決まっていて、細かい選択をしていると脳が疲弊してしまい、

重要な決断をする時に精度が落ちてしまうことがあります。

誤った選択・判断は、長期スパンで考えると大きな損失を招く場合もあります。

そのために、着る服を選ぶ、何を食べるか選ぶ、2度寝するか悩む、などの決断は極力無いほうがシンプルです。

選択をしなくて済むようにすることで、決断で脳パワーが落ちるのを防ぐ効果があるそうです。

1-3.整理整頓が苦手だと運気が逃げていく

がいい人は、他の人が気づかないポイントに気づける人という研究結果があります。

(宝くじのような、完全に確立で支配される「運」ではありませんよ^^)

気づける人は、ストレスが無い(少ない)傾向であることが多いそうです。。

 

ストレスがないと、脳がリラックスしている状態になります

結果普通の人が気付かない事に気づけるので、チャンスに巡り合う「運気」も引き寄せます。

身の回りも、頭の中も整理整頓をすることで、余計なすとれすのない生活を送る

心(頭の中、脳)が乱れると部屋も乱れる。これは脳科学でも実証されているそうなのですが、

身の周りを綺麗にすることで精神的な負荷も緩和される効果があるそうです。

スポンサードリンク



2.整理整頓が苦手な人が、脳パワーを無駄遣いしない方法

整理整頓が苦手な人は、脳パワーを無駄遣いしている可能性があります。

無駄遣いしているポイントを確認、改善してみましょう。

2-1.整理生整頓が苦手な人は、目的を明確にしよう

理整頓が苦手な人は、整理整頓をして身の回りを綺麗にすることを目的にしてしまっている可能性があります。

単に整理整頓で綺麗にするではなく、その先にある目的を明確にすることで、違った視点で整理整頓をすることができるようになります。

例えば、

・脳パワーを無駄に消費しないようにする

・毎日の精神的なストレスを減らすこと

・運気を上げるため

・頭の中を綺麗にする(ノイズの少ない状態にする)ため

・雑念を消す目的ため

・集中力を上げるため

・気分転換をするため

など、

整理整頓の先に手に入る目的を明確にするだけで

取り組み方や、片付け方への姿勢が変わってくると思います。

整理整頓で手に入れたいものは何か?

今一度考え直してみてはいかがでしょうか?

2-2.脳パワーを無駄にしないように選択する回数を減らす

駄な決断の回数を減らす為に、モノを減らすことが大切です。

(ムダな探し物)仕事がデキる人ほど、習慣的に整理整頓をすることで脳を効率良く使っています。

 

日々のルーティンでムダな決断をしないように対策ができます。

毎日行う同じ作業は、選択しなくても済むように仕組みを考えましょう。

例えば、毎日同じ時間に起きる・寝る、同じ時間の電車に乗る、着る服は前の日に選んでおく、などで脳パワーの消費を抑えることができます。

2−3.自分の能力を把握する

なたは、自分自身の能力をどの程度把握していますか?

集中力の続く時間を知っていますか?

効率の良い時間はいつですか?

落ち込んでいる時の効率、良い気分転換の方法は?

このように、自分を知ることで、モチベーションの管理ができるシーンが多々あります。

モチベーションが下がっているときに無理に仕事をしない、など、

自分の特性を理解してコントロールできる生活ができます。

自分に視点が向くように、普段からノイズ・雑念の無い状態を作っておきましょう。

2-4.スケジュールを整理整頓して、正しい習慣作りにフォーカスする

間は、一般的に習慣にする事が苦手で、整理整頓を後回しにしがちです。

どんなに短い時間でも良いので、毎日身の回りの整理整頓をすることに意識を向けてみてください。

ほとんどの事は、3週間毎日行うことで習慣にすることができます。

すぐ始められるのが、時間管理です。

1日の目標とその段取りを決めてみましょう。

3.まとめ

かがでしたでしょうか?

整理整頓が苦手な人は、脳パワーを消費しやすい傾向です。

お金と一緒で、無駄遣いはやめちゃいましょう。

ノイズ・雑念の少ない状態を手に入れると、生きるのがすごく楽になりますよ^^

 

こちらの記事もおすすめです!

整理整頓で仕事の効率が上がるコツ!会社で仕事ができる人のデスク周りを見習おう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)

インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ