【おすすめ本】断捨離を本質から身につけたければコレを読め

断捨離を始める時、書籍を読んで学ぶことで最短で知識を吸収することができます。

これで合ってる?と迷っているのは、時間が勿体無いですから・・。

スポンサードリンク



断捨離に関するおすすめ本について、

ご紹介させていただきます。

YUKA150912596015_TP_V

1.『断捨離』著者:やましたひでこさん

「断捨離」という単語が、登録商標であることをご存知ですか?

やましたひでこさんが、体験したヨガの行法の「断行・捨行・離行」を応用させて考えた思想です。

生活において不要な物を手放し、物への執着から解放される(自ら手放すこと)を目的としています。

断捨離は、「単に捨てること」「単なる片付け」ではありませんが、誤解されている方も多いようです。

断捨離をこれから始める人向けの、基本をいちから学べる著書です。

やましたひでこさんの公式サイトはこちら →やましたひでこ公式サイト

2.「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」著者:佐々木典士さん

ミニマリストの方のお部屋をご覧になったことはありますか?

断捨離に似たジャンルで、ミニマリズムという、持ち物を最小限にする「ミニマリスト」がいらっしゃいます。

そのミニマリストの方が、テレビにも出演して一時的にブームになりました。

ミニマリストは、例えば、「部屋にはソファーと机のみ」という極端な方もいらっしゃいます。

必要なモノを最小限しか持たないので、全財産がカバンひとつで収まってしまうくらい。

ノマドワーカー、旅が好きな方にとっては、最高の環境が手に入ると思います。

スポンサードリンク



3.『ミニマリスト日和』著者:おふみさん

ご夫婦でミニマリストというおふみさんの代表的なです。

掃除をしている時に、あまりにもモノが多いことに気づいたことがキッカケで

モノを減らし始めたということです。

モノが減ることで、心が軽くなるという感覚に共感しています。

おふみさんはブログも運営されていらっしゃいます。→おふみさんブログ

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

はじめて断捨離をする時に、必読ともいえるおすすめの本です。

よろしければ手にとってみていただければと思います。

 

こちらの記事もおすすめです!

整理整頓で仕事の効率が上がるコツ!会社で仕事ができる人のデスク周りを見習おう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)

インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ