【保存版】断捨離とミニマリストの違いとは?本質を知ることで手段にとらわれない!!

身の回りのごちゃごちゃした物を手放す、減らす時に、

やり方としてよく聞くのが「断捨離」と「ミニマリスト」です。

スポンサードリンク



それぞれの単語の意味を理解しておきましょう。

違いを理解しておきましょう!!

断捨離とミニマリストの違いとは?

断捨離とは

断捨離とは、やましたひでこさん著書の「断捨離」で提言された、新しい思想です。

ただの片付け方ではありません。

ヨガの「断行(だんぎょう)」「捨行(しゃぎょう)」「離行(りぎょう)」を応用させて、

普段の生活にも応用させた考え方です。

漢字3文字にはそれぞれ意味があり、

・「断」→不要なモノが入るのを断つこと。

・「捨」→不要なモノを捨てること。

・「離」→断・捨を繰り返し、モノへ執着する気持ちから離れていきます。

断捨離を通して、本来生まれ持った人生に戻るような効果が期待できます。

単にモノを捨てることにフォーカスすると、

感情だけで使ってもいないのにモノを持ち続けてしまい、

頭の中の雑念や、ノイズが増加していきます。

断つことと、捨てることで、結果的に執着から離れていきます。

なかなか減らない人が、取り入れると劇的な効果があるでしょう。

・やましたひでこさんの公式サイトはこちら→【やましたひでこ公式サイト

・断捨離は開運にも繋がるんです!!詳細はこちら↓

効果抜群の開運術【断捨離をコツコツと継続するだけで運気が上がる】

ミニマリストとは

ミニマリストを、WEBで検索してみました。goo辞書で調べてみると、以下のように表示されます。

出典:goo辞書

ミニマリストとは、無駄なモノを手放し、必要なモノだけを持つ「最小限主義者」のことです。

大量生産・大量消費の時代に産まれた新しい価値観です。

実際に、たくさんのモノに囲まれて生活をしていても、幸せを感じることができない人は少なくありません。

使わない(使う予定のない)無駄なモノを持っていると、ノイズ・雑念の原因になるだけでなく、探し物が増えたり、精神的にイライラしてしまったりなど、非常に具合が悪いです。

それが家の中に溜まり続けるとどうなるか、、、想像するだけで恐ろしですね^^;

 

ミニマリストは、不要なモノを手放し、必要なものだけに囲まれた豊かな生活を手にいいれることを目的としています。

部屋の中には、テーブルとソファー一つ、、、という超・極端なレベルのミニマリストもいらっしゃいます。

(良い、悪い、はありませんよ^^)

質素な生活をすることが目的ではありませんので、本質は間違わないようにしましょう。

あくまでも、あなたが使わないモノを自ら手放すことが重要です^^

断捨離とミニマリストの違いは?

断捨離とミニマリストについて書かせていただきましたが、

共通点としては、無駄なものへの執着を手放すことです。

では、それぞれの違いは何なのでしょうか?

明確が違いは定義されていませんので、これは私の解釈になります。

・断捨離が、無駄を断ち、無駄なものを捨てることに対して、

・ミニマリストは、無駄を手放して、持ち物を最小限にすることを手段としています。

どちらも、幸せになることを目的としていますので、

もしもそうなっていなければ、意味がないと思います。

目的が何よりも大切!!

人それぞれ価値観も違いますので、必ずしも断捨離やミニマム化が全員に適合するかは分からないことが多いです。

もし、お悩みポイントが

✔︎ 集中力がない

✔︎ 探し物の時間が多い

✔︎ ストレスが多い

✔︎ 物をなくすことが多い

✔︎ 無駄遣いが多い

✔︎ 収納がいつもパンパン

そんな方には、もしかすると効果があるかもしれませんのせ

試してみる価値はあると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

断捨離とミニマリストの違いについて書かせていただきました。

どこに着地するのか?を明確にしないと、

どちらの手法を取り入れたとしても無駄なものになってしまう可能性がありますので注意しましょう。

何でもそうですが、結果的に本心から幸せにならなければ意味がありません。

(と、思います^^)

 

整理整頓を通して、有意義な時間が過ごせますように^^

 

こちらの記事もおすすめです!

 【デスク周りの整理整頓グッズ】オフィスワークに欠かせないこだわり9アイテム!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら、下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)

インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ