感情に流されない!ミニマリストの人間関係をリニューアルする3つのコツ!

必要最小限の持ち物で生活するミニマリスト。

人間関係も同じロジックで考えて、必要最小限にすることができます。

スポンサードリンク



ミニマム化するには、どのような方法・考え方をする必要があるのでしょうか。

最小限化のコツをご紹介させていただきます。

「ミニマリスト」とは?

ミニマリストとは、必要最低限のモノで生活をする最小限主義者のことです。

人間が所有しているモノには、それぞれに感情が込められています。

「高かった・・」

「いつか使う・・」

「思い出の品だから・・」

感情も様々です。

捨てられない言い訳、所有したい欲望、昔の思い出を忘れないかという恐れもあるでしょう。

 

しかし、

何年・何十年と全ての持ち物(感情)を所有したまま生きていくのは不可能です。

そこで、必要になるスキルは、その「感情」に気づき不要なモノを手放すことです。

モノ主体の考え方ではなく、あなたにとって必要なものなのか?を見極めることで、

ノイズ・雑念のない生活を送ることができます。

結果的に、仕事のパフォーマンスが上がったりストレス解消にもつながります。

「時間=命」です!!無駄な時間は、命の無駄遣い!

日常生活を送る上で忘れていけないのが「時間=命」であることです。

もちろん無駄なことを経験することも重要ですが、

無駄だとわかっていることまで、何度も繰り返す必要はありません。

モノに例えると、忘れ物をしたり、探し物をしたりすることがそれにあたります。

 

人間関係でも無駄は存在します。

進展の無い愚痴を言い合う関係だったり、

反りが合わない人に対してイライラしている時間はもったいないです。

 

こちらからはコンタクトをとらず、距離を置くのも必要かもしれません。

(サバサバしすぎかもしれませんが)

また、断るのが苦手な人は、あえてNOと言う事にチャレンジすることの需要ですよ^^

スポンサードリンク



【コツ1】あなたにとって大切な人は誰ですか?

あなたにとって、大切な人は誰かを明確にしましょう。

・家族、

・親戚、

・友人、

・学校の恩師、

・地元の親友、

・スポーツ仲間、

・会社の同僚、

・交流会の仲間、

・ビジネス上のお客様、

・取引先、

当然、人それぞれでしょう。

 

自分が大切にしたい人は、自分ができることを全力で与えまくりましょう

逆に、

・何をしても反応がない人、

・愚痴を言い合う関係、

・嫌いな人(会った後にイライラするような人)、

・会うことに気が進まない人、

このような人と過ごす時間は圧縮したり、シャットダウンしましょう

 

自分の直感をセンサーとして使いましょう。

大事な人をより大切にしましょう。

2.あなたを成長させてくれる人も大切にしよう!

あなたには、あなたの事を想ってあえて厳しく指導してくれる人はいますか?

厳しいことを言う人は、近寄り難くて、時には耳がいたいこともあるでしょう。

しかし、成長を望んであなたに色々とアドバイスを言ってくれる人は貴重です。

 

さらに、あなたの性格・考え方まで知っている人で、それを考慮して

的確に言ってくれる人」となると、ごく少数だと思います。

仮に、思っていることがあっても言ってくれない人もいるでしょう。

貴重な存在だと思うので、客観的に色々と言ってくれる人として

話をしてくれることに耳を傾けて、その存在を大切にしましょう

 

進んで思っていることを伝えてくれる人は、

何か新しいことを始める時、困っている時にも、

力になってくれる存在だと思います。

3.相手も自分も尊重する!アサーションコミュニケーションの重要性!

アサーションというコミュニケーション方法があります。

アサーションでは

×相手を思うあまり、自分の意見を言わない、

×攻撃的なコミュニケーションをとる

のはNGです。

 

自分の発言も、相手の発言も尊重して、

自己主張を正しくすることで双方の主張を大切にします

特に、NOと断ることが苦手な人は、自分の状況や気持ちを伝えることで、

なんでも受け入れる都合の良い人から脱却することができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ミニマリストとして、人間関係もミニマム化して

無駄の無いスマートな時間を過ごしましょう。

 

整理整頓を通して、有意義な時間が過ごせますように^^

 

こちらの記事もおすすめです!

【デスク周りの整理整頓グッズ】オフィスワークに欠かせないこだわり9アイテム!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら

下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)

インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ