ミニマリスト見習いが、家を建てる前にやるべき5つのポイント!

ミニマリスト見習いが、家を建てる時、

おさえておくべき5つのポイントをご紹介させていただきます。

スポンサードリンク



豊かな生活を手に入れるために、非常に大切なポイントなので、

必ずおさえておきましょう。

1.ミニマリストの基本!使ってないモノを手放す

ミニマリストは、最小限主義を取り入れている人のことです。

身の回りのモノの多さで幸せを感じることができない方は、是非取り入れてみてください。

まず、基本となるのは、あなたにとって不要なモノを手放すこと。

1年間使ってないもの、使う予定も無いのになんとなく持ち続けているもの、

そんなモノを手放すことで、本当に大切なモノが明確になります。

また、ごちゃごちゃとモノを持ち続けていたことで、ノイズ、雑念があなたの邪魔をしていることもあります。

 

これは、家を建てる時も一緒です。

自分の持ち物のミニマム化ができない人は、あれもこれも必要!といった感じで

不要なモノが膨れ上がってしまいます。

家を建てる時、優先すべきポイントは何か、いまいちど考えてみましょう。

2.広さや部屋の数=豊かさではないこと

部屋の数や、広さが豊かさに直結するわけではありません。

あなたの必要なものが、必要な量だけ、適切に存在する。

部屋の広さや、部屋の数ばかりに目がいってしまってはいけません。

収納の広さはどうか?と考える前に、

そもそも、あなたが持っているものがすべて必要なのか?

を考えるべきです。

今の持ち物をもし半分にできたら、収納スペースが半分で済みます。

家を建てる時の設計も変わってくるでしょう。

3.家の中の掃除のことを考えること

生活をする上で、掃除は欠かすことができません。

を建てる場合、掃除をする時のことを想像してみてください。

広いばかりで掃除がしにくいと、毎日の時間をロスすることになります。

また、1F、2F、3Fでは、階段の有無、また数も違います。

掃除に必要な道具も変わってくるでしょう。

 

定番の掃除道具については、こちらの記事に書かせていただきました。

これだけは揃えておきたい!定番お掃除グッズ【断捨離が加速する掃除のコツ】

4.不要なモノを家に持ち込まない、執着しない癖を身につける

不要なモノを持ち込まない、モノに執着しないクセを身につけましょう。

例えば、

郵便受けに入っていたチラシやDM。

不要な場合は、自宅に持ち込まないようにしましょう。

何も考えずに部屋に入れてしまうと、余計な手間がかかってしまいます。

1.郵便受けから取り出す

2.持って部屋に持ち込む

3.持ち込んだモノが部屋の中のスペースを奪う

4.時間が経過した後に、必要なものかどうか選別する

5.紙ゴミとして処分する

6.ゴミ収集場にもってい行く

簡単ではありますが、実は、部屋に持ち込むだけでこれだけのステップを踏んでいるんです。

理想は、

1.郵便受けから取り出す

2.その場で判断して捨てる

です。

これは習慣にすることで自然にできるようになりますので、意識して行動しましょう。

新居に、不要なモノを持ち込むことがないように!^^

5.大切なモノをより大切にする

ミニマリストを取り入れることは、必要なモノをより大切にすることです。

そのためには、モノを買うときにも何年使うのか?(何年使えるのか?)を考えて買いましょう。

例えば、

1万円のアウターを1年だけ着て、10年間毎年買い換えるのと、

10万円の服を大事に10年間着るのと、

身につけて居るモノは10倍も差があるのに、

10年間でかけた服の代金は一緒です。

モノの量ではなく、モノの質にはこだわりを持ちましょう。

これは、家も同じです。

外壁、屋根も、一般的に補修が必要になることが多いと聞きます。

大事な家を、長期間大事に使えるようにするにはどうしたらよいか?を考えましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ミニマリストが家を建てる前にやるべきポイントをご紹介させていただきました。

新しい住まいにも影響を与える要素になります^^

モノに執着しない、モノを大切にする生活を習慣にしましょう^^

 

整理整頓を通して、有意義な時間が過ごせますように^^

 

こちらの記事もおすすめです!

整理整頓のコツ!会社のデスク周りが仕事の効率を上げる!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら

下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)

インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ