【世界のユニクロから学ぶ!整理整頓のコツ】

世界のユニクロの取り組みから、整理整頓においても学べることがいくつもあります。

特に、現場主義のユニクロでは、店舗が主役という考えから優秀な人材獲得の為にリクルートにも力を入れています。

スポンサードリンク



店舗内の整理整頓、定期的にキレイに畳まれた服、効率的に動ける仕組み作り、バックヤードの管理、など

限られた時間で業務をこなすための工夫がいくつも見られます。

世界で戦うユニクロの整理整頓術を取り入れてみてはいかがでしょうか?

1.ユニクロの「現場主義」の取り組みと、整理整頓の関係

ユニクロは、お客様対応をする店舗スタッフの教育に力を入れています。

現場スタッフに活躍してもらう体制だと、どんなメリットがあるのでしょうか?

ff9fff41d674f1e9c63690487e6bb127_s

1-1.ユニクロの優秀な店長・リーダーが管理するショップ

現場主義を貫くユニクロでは、優秀な社員を獲得するためにリクルートにも力を入れています。

積極採用をしているニュースはよく目にします。スーパー店長になると、年収が3千万近くになるそうです。

すごいですよね、、。

1-2.仕事の流れを創造し効率を上げるユニクロショップ

優秀なリーダーが統率するショップでは、仕事の流れをよく考えて効率よくこなし、新しい挑戦には仮説を立てて、実行する事が求められます。

効率を上げるためには、整理整頓は必須でしょう。

また、試して成功する場合もあれば、失敗を繰り返す場合もあると思います。

新たなチャレンジも、整理整頓も、試行錯誤を繰り返してより良いスタイルを追求していく姿勢が大切だと考えます。

1-3.事故への対策の徹底と情報共有するユニクロ

ユニクロでも、店舗内の業務での事故が発生することがあるそうです。

レイアウト変更時の事故、衣服の補正作業でのケガ、などが挙げられますが、これらの事故に対する改善を行い、適切な対応を行います。

例えば、注意が必要な場所には注意書きを書いたり、研修を通じて定期的に注意喚起をするなどの取り組みをするそうです。

スポンサードリンク



2.ユニクロから学ぶ整理整頓のコツ

ユニクロから学べる、整理整頓のコツをまとめてみました。

2-1.商品の陳列の工夫

店舗内の商品は、服の種類、色、サイズ、などによりキレイに陳列されています。

なにより驚くのは、ムダなモノがほとんど無いことです。

お店なので見栄えを考慮するのは当たり前ですが、それでも目につくところに見当たらないのは本当にすごいと思います。

また、同じデザインの細いハンガーを使うことで、陳列スペースを有効に使い、多くの服を掛けることができます。スペースの効率も重視しています。

2-2.ユニクロの服の畳み方

整理整頓の仕上がりを綺麗に魅せるコツとして服の畳み方も一つの要素になります。

ショップに入荷した状態のままと思われるたたみ方と、お店のスタッフさんが畳んだ服、ほとんど遜色ないと思いませんか。

おそらく、全社員同じたたみ方ができるんでしょうね。

プライベートでも活かせたら、素敵だと思います^^)

2-3.コーディネートしやすいユニクロのデザイン

ユニクロの服は、コーディネートしやすいベーシックカラーなので無駄に服を買うのを防ぐことができます。

着回しできるようにコーディネートするのがコツです。

捨てた後にリバウンドしない整理整頓を実現することができます。

2-4.ユニクロではバックヤードも効率的!

店舗内よっては、バックヤードの管理担当がいらっしゃるそうです。

限られた時間で業務をこなすための工夫は、目に見えない部分でも見られます。

整理整頓の基本ですね。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか?

シンプル且つ効果のあるユニクロ式の整理整頓の工夫を取り込んで、普段の生活環境に生かしてみてはいかがでしょうか。

整理整頓を通して有意義な生活が送れますようにヽ(=´▽`=)ノ

 

こちらの記事もおすすめです!

整理整頓で仕事の効率が上がるコツ!会社で仕事ができる人のデスク周りを見習おう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます!

ブログランキングに参加していますので、もし少しでもお役に立てましたら下のバナーを応援クリックいただけると更新の励みになります(*^^*)

インテリア(掃除・収納)ランキングへ

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ